ホーム » スポンサー広告社会 » コンビニに防犯カメラが16台!?設置する本当の目的は監視?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

コンビニに防犯カメラが16台!?設置する本当の目的は監視?

コンビニに防犯カメラがあるのはふつうのことですが
中には16台も設置しているところがあるそうです。

かなり多いと感じるかもしれないですが
防犯カメラ専門店によると規模によってはありえる数との事。

防犯カメラはモニターの都合上4の倍数になることが多く
入り口やレジ・天井の隅・陳列棚の端の天井、
そして駐車場やアルバイト休憩室にも設置して
死角をなくすので店の大きさによって数は多くなる。


ただはっきり映らない場合が多いから
そんなに設置しても犯人逮捕に役立つのだろうか、
と思う方もいます。

確かに技術が向上してだいぶ画質がいいものもありますが
まだ全てのカメラでそうなってるわけではないです。


でもこんな指摘があります。


カメラを設置する本当の目的は強盗ではなく店員の監視。

ネコババするのを防ぐためだから
その店員が誰だか分かる程度でいい、と。




ある大手コンビニの広報担当によると、
カメラを設置する目的は第一に防犯で
それ以上は社外秘なので答えれないそうです。


でもこんな一言を残しています。


店舗の経営者判断で二次的な目的で
使用することもあるのではないか



いまや24時間営業のコンビニが多いため
深夜など誰もいなくなる時間帯が増えています。

それでレジから現金を盗んだり
友人にまけてあげるということが実際起きてるそうなので
監視目的は必ず含まれてそうですね。


ちなみにコンビニ業界にも色々な裏の顔があるという…





セブンーイレブンの正体(楽天ブックス)


金儲けのカラクリから
常に監視されるオーナー・配送ドライバー
そしておでんの裏側まで載ってます


このような情報は大きなメディアで
報じられることはまずないといいます

関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。