ホーム » スポンサー広告社会 » 改正著作権法でダウンロード刑罰化!違法のラインがわかりにくい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

改正著作権法でダウンロード刑罰化!違法のラインがわかりにくい

2012年10月1日から改正著作権法が施行されました。

それによりネット上にアップされている
コンテンツを有料であると知ってダウンロードすると
刑事罰が適用されるようになりました。

音楽業界などは良い意味で注目していますが
ユーザー側は不満が噴出している状況です。

なぜかというとどこからが違法なのか
線引きが曖昧でわかりづらく
ネット自体が利用しづらいと感じられるからです。



例えばYouTubeなどの動画配信サイトの例でいうと、

オンデマンドやDVDが発売されてる映像や音楽を
ダウンロードするのは違法だけど
視聴するだけならOKとしています。

しかし、動画を見るとパソコン内に
一時ファイルというものが残る仕組みになってるので
実質的にはダウンロードしてることになります。

なぜそれはOKなのか、という明確な説明がなく
法律自体が破綻してる!と批判が出ているのです。



あと無料でも有料でも何も知らなければOK
とも言われますがそれをどうやって判断するのか、
実際は不可能とも指摘されてます。

確かに知ってる知らないは脳波を調べるとか
それくらいしないとわかりえないことであり
判断はとても難しいと思います。


さらに合法か違法かは結局は警察か裁判所の
判断にゆだめられていることや、
権利者からの告訴がなければ罪に問えないという
親告罪である現状もあり、

別件で逮捕してついでに適用するしか
使い道がないという意見もあります。


ということでザル法といわざるを得ないと思います。


ちなみにアメリカではフェアユースといって
正当な範囲内ならば複製や引用を認める規定があります。

それは著作権上での混乱を避けるために導入されており
日本より考え方がずっと柔軟ですね。


こんなにもゴタゴタしている裏には
全然現状を学んでいない政治家が関係しています。

政府は音楽業界から強い要望を受けて
野党も含め簡単に賛成してしまったといいます。

つまりネットの現状と法律家の認識に
大きなギャップがあるから混乱を招いているってことです。



これは東京電力の例と似ていますね。

東電は幹部を全員事務職出身者にして
原発の技術的なことに詳しいものがおらず
現場のことがよくわからないという事態を招きました。


今後はネットに詳しい政治家を育てたり
もっと議論してほしいと思います。


不安な方はこの本を読んでおく事をおすすめします。




違法ダウンロードで逮捕されないための改正著作権法
(楽天ブックス)


10月に出たばかりなので
内容がタイムリーでとても役に立ちます。

どんな行為が問題になるのかという基本から
訴えられた場合どうすればいいのかまで載ってます。


関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。