ホーム » スポンサー広告社会 » 東京都がぽちとご主人様を不健全図書に指定|曖昧な選定基準

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

東京都がぽちとご主人様を不健全図書に指定|曖昧な選定基準

一般コミックも東京都が実施している
不健全図書に指定され物議を醸しています。

その本は綾乃れな氏のぽちとご主人様。

主人公と幼馴染が互いの親が婚約したことにより
義理の兄妹となるが幼馴染は主人公のペットになることを
提案するという内容の漫画です。


東京都は精液や擬音の卑猥性があると判断した
とコメントしています。



その漫画は簡単にいうと近親相姦的な
描写となっているわけですが、
東京都はあくまで卑猥性を問題視したとのこと。


ただこの話題は非常に曖昧な問題を残しています。


まず卑猥性とは何かというところが曖昧で、
どこまで描いたらダメなのかハッキリしません。

しかし、ぽちとご主人様の場合は
電撃HIMEという雑誌に連載されてるので
反論が難しいといいます。


なぜならその雑誌は成年向けマークを表示しているからです。


それは自主規制の一種なのですが
出版社が18禁を認識していることになり
専用コーナーに置いて販売を促すものになります。

しかし、単行本になったら子供でも買えるという
矛盾した状況が続いていました。


それで文句を言うのは難しいといわれています。


ただ他にも単行本が出ているが
アスキー・メディアワークスは
成年向けコミックにマークはつけていません。

以前から東京都が擬音と体液の量を重視する
ってことは認識していたそうですが
今回の作品はかなり微妙なラインなので
判断がとても難しいとのことです。

規制の基準も曖昧であるため
出版社を単に責める事もできないと思います。


あとこんな問題もあります。

不健全図書に指定された作品は
包装した上で18禁コーナーに置き
18歳未満には売らないようにしないといけません。

ところが多くの書店ではそうなっていません。

さらに東京都から何も通知されておらず
一応大丈夫という認識で販売しているとのこと。

もちろん全ての書店が同じ認識ではないですが
東京都も全ての書店に通知できていないと思う
とコメントしているとのこと。




ぽちとご主人様 [ 綾乃れな ](楽天ブックス)


あとネットの規制もどうなってるのか
さっぱりわからないですね。

とりあえず楽天の商品ページには
不健全図書などの説明文は全くありません。



関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。