ホーム » スポンサー広告スポーツ » 多田野数人が危険球で退場処分|日本シリーズ史上初の大誤審!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

多田野数人が危険球で退場処分|日本シリーズ史上初の大誤審!?

今年もプロ野球の日本シリーズが行われてますが
とんでもない誤審が発生してしまいました。

それは11月1日のこと。

4回表、巨人の加藤健がバントの構えをみせ、
日本ハムの多田野数人が投げていましたが
インコース高めに投げたらデッドボールになります。

それで加藤は頭を抱えて倒れたので
危険球と見なされて多田野は退場処分になります。

しかし、VTRを見てみると
頭部には明らかにあたっていなかったのです。


しかもバットにすらあたっておらず
解説をしていた古田敦也も誤審とコメントしてました。

栗山英樹監督はこの判定に猛抗議しますが
判定は残念ながら覆りませんでした。


よって加藤捕手は演技をしていた可能性が高く
観客もそうとわかっていたのか
次の彼の打席で大ブーイングが巻き起こります。

現在のプロ野球はホームランの際どいボールしか
ビデオ判定を行わないルールになっていますが
それを利用したかのような振る舞いともいえます。


ということで今回の試合は異例続きとなってしまいました。

ちなみに日本シリーズでの危険球退場者は史上初だそうです。
もしかしたら大誤審も史上初めてかもしれません。



これを機にもう少しルールを柔軟にしてほしいですね。

審判も人間なので間違えることはもちろんありますが
明らかな誤審を突き通すのはどうかと思います。



下手な判定をしたら命を狙われることもあるというので
なかなか大変な職業だとは思いますが
このままではダメなような気がします。

それにしても野球と言うのは問題が多いですね。
暴露本がいろいろ出てるということは
それほど裏事情が多いことの証明だと思います。





プロ野球審判だからわかること 今だから話せるあの監督・選手この試合
(HMV 楽天市場ストア)


これは審判を38年続けた方が書いたものなので
かなり説得力もあっておもしろいです。

どちらかというと審判を擁護する本もありますが
これは選手も監督も誤審もバッサリ斬ってます。



関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。