ホーム » スポンサー広告国内 » 人命より金を優先している中日本高速道路|社員の年収は○○○万円!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

人命より金を優先している中日本高速道路|社員の年収は○○○万円!

前代未聞の事故が起きてしまった山梨県の笹子トンネル。

管理している中日本高速道路は
天井版を吊り下げていた金具(ボルト)が
劣化していたかもしれないとコメント。

それはそうである。

笹子トンネルが開通したのは1977年で
それから一度も交換していないうえ
点検はただ見るだけだったのですから。

老朽化の保全には金がかかるともいってますが、
そこにお金をかけないでどうするのでしょうか。

それは完全に手抜き・逃げを象徴した発言です。



いろんな問題が浮上してきたので
山梨県警が家宅捜索に入っています。

どんどん問題点を指摘してほしいと思います。


ちなみにお金がかかるといっておきながら
会社の経営は全く危なくないという状況も明らかに。


2012年の3月期だけでも売上は6000億円あり
利益は去年より5%も多い69億円を記録。

社員の年収は800万円もあると言いますから
補修する力は十分有していると思われます。


にも関わらずメンテナンスには
5億円しかかけていなかったといいますから
はっきりいってブラック企業といわざるをえません。


あと子会社や関連会社は35社もあります。

道路はこれまで官僚が設ける道具として利用され
ファミリー企業を次々と作って政治家のよりどころとし、
人命を守ることを名目に稼ぎの一つとしていた、
という疑惑もあるのです。


これからは新しい道路を作る前に
既存の道路やトンネル・橋の点検に全力を注がないと
東電並に信頼が失墜する可能性が十分にあると思います。



去年からいろいろ指摘されてたのですが
おそらく全く関係者は見ていないでしょう。





朽ちるインフラ(楽天ブックス)


良いアイデアもあると思うのですが。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。