ホーム » スポンサー広告健康ニュース » コーヒーはガンのリスクを下げるという研究結果が発表される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

コーヒーはガンのリスクを下げるという研究結果が発表される

コーヒーは健康に良いのか悪いか
賛否両論が激しい食品の一つですが
最近興味深い研究結果が報告されました。

アメリカ癌協会の研究チームが
1982年からガン予防に関する研究を開始し
対象者100万人という膨大なデータを元に
コーヒーとガンの関係を報告したのです。


それによると口腔ガン・咽頭ガンで亡くなった人は
900人近くおり、逆にそれらのガンに
全くかからなかった人と比べた結果・・・

コーヒーを習慣的に飲んでるかそうでないか
という違いが最も目立つ点だったとのこと。

そして1日に4杯以上飲んでいる人は
発ガン率が50%近く低くなったそうです。


さらにアルコールや喫煙をしてても
その効果は変わらず発揮されるといいますから
コーヒーは健康にいい可能性はかなり高そうでうs。


ちなみにカフェインが入ってる通常のコーヒーの方が
ノンカフェインタイプより効果がよかったという。

健康を増進している要因はカフェインだけでなく
ポリフェノールなどの抗酸化物質だと考えられています。


これはすばらしい研究報告ですね。

おいしい上に重病予防に繋がるとは
まさに理想的な食品ではないでしょうか。

でもその報告に甘んじて飲みすぎたり
大酒や喫煙を継続していいことにはならないので
油断しないほうがいいですね。


さきほどタバコや酒に関係なく
効果が発揮されるとお伝えしましたが
それは悪影響が帳消しになるという意味ではありません。

煙草の有害物質やアルコールが体内にあったとしても
コーヒーの成分は発揮されるという意味です。



ということでコーヒーが好きだから大丈夫と
たかをくくるのではなく悪因を減らすことも忘れてはなりません。



ちなみに選ぶならポリフェノールの含有量が
高いコーヒーにしたほうがいいですね。




話題のコーヒーポリフェノールが1.5倍!!コピ・ルアック ロブスタ種100g
(ビリーフ・カメリア Asian Shop)


それは以前サンデーモーニングで
世界一高い幻のコーヒーとして紹介されたものです。



興味がある方はいろいろ勉強しても面白いと思います。




コーヒーの科学と機能 / ヴァン・チュエン・グュエン(HMV 楽天市場ストア)

※ただ値段にはちょっとびっくりですが

関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。