ホーム » スポンサー広告経済 » なぜスバルの新型フォレスターが人気?きっかけは笹子トンネル事故?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

なぜスバルの新型フォレスターが人気?きっかけは笹子トンネル事故?

2012年の暮れに起きた山梨県の笹子トンネル事故。

それがきっかけになったのか、
思わぬものの需要が伸びているようです。

そのものとはスバルの車製品です。

スバルは2012年にフォレスターの
新型を発売しましたが目標は1ヶ月で
2000台ほどに設定されてたそうです。

ところが実際は4倍の8000台以上も売れたのです。

その車は最近話題のエコカーとかハイブリットとか
マニアからデザインが支持されるものでもなく
いたって平凡な車なのでその記録はかなりすごいとのこと。


なんでそんなに売れたのかと言うと
いざというときの回避能力が高いからだと言われています。


笹子トンネルでの事故でインプレッサが
生還したことでそれは運動性能がよかったから
とネットでかなり話題になったことがあります。

スバルはそれをたまたまと謙虚に受け止めてましたが
実際操作性が良いことは危機的状況からの脱出の
大きなファクターになるはずという声もでています。

その声を紹介しますと、


最近の車はエコやデザインを重視するあまり
スピードやパワーの性能が悪いという欠点がある。

加速力の良さ・思い通りに動かしやすい操作性、
そして急ブレーキ時の安定性が危機回避能力が高いといえる。

人間でも運動神経がいいほうが物理的な危険を
回避しやすいように車も本当はそのほうがいい。


一応日本の車は頑丈なものが多いが
運動性能の優先順位を下げてるものも多いため
いざというとき対応できないのです。



しかし、スバルは全ての車に
優れた運動性能を組み込んでいる会社で
他にそういうところはマツダくらいしかない。





スバル フォレスター 2000cc 4WD 6MT 2.0i 6速マニュアル
ちいさなクルマ専門店ウイウイ練馬


その声を聞いていろいろ納得できましたね。

日本は狭いし道路交通法もあるし
映画やドラマじゃないんだしそんなに性能はいらない
と思ってる人は多いかもしれません。

でもイザというときはその無駄っぽかった
運動能力が役に立つと思うので妙に納得できたのです。


最近は原発事故も後押しして
どんどん節約志向になってる感じがしますが
いろんなことを想定しないといけないとも思います。


ということで今後の車選びは
その点を考慮してもいいのではないでしょうか。

関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。