ホーム » スポンサー広告映画の話題 » テルマエ・ロマエの原作使用料があまりに安いと話題|○万円!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

テルマエ・ロマエの原作使用料があまりに安いと話題|○万円!?

テルマエ・ロマエという映画を覚えているでしょうか?

上戸彩と阿部寛が主演のヒット作の一つで
58億円もの興行収入を記録した映画です。

売れない映画は5億円もいかないので
そのすごさが実感できますが
その原作者であるヤマザキマリさんが
驚きの暴露をして話題になっています。


通常の感覚ならそんなに売れたのなら
原作者はガッポリとイメージすると思いますが
彼女曰くまったく儲からなかったそうです。

金額にするとなんとたったの100万円だったそうです。

しかもその値段は出版社が勝手に決め
一方的によろしくねといわれたとのこと。

ちなみに映画の宣伝のために動いても
その報酬は全くなく周りから儲かってるんですね
などと聞かれて困ったといいます。


原作者に支払われるお金を原作使用料といいますが
一般的にはあまり高くないと言われています。

が、あまりに安い金額にネット上からは
驚きの非難の声が多く出て話題になったというわけです。


原作者の意向は完全に無視してるから
ひどい実写化が次々と現れている


こうするどい指摘をする人もいます。


なぜそんな状況なのかは不明ですが
もっと原作者を尊重する配慮が必要だと思います。

それを少し実現したのが海猿の原作者である佐藤秀峰。

海猿はいわずと知れたヒット作ですが
70億円ものヒットだったにも関わらず
原作使用料が250万円だったそうでうs。


それで彼は、漫画家はいいように利用され、
映画化したら喜ばないといけないからなめられてる、
とツイッターで吐露したこともあります。



しかし佐藤さんはそのことを教訓に
映画の契約は小学館にまかせず
行政書士に協力してもらったそうです。

その結果、3作目の映画では
原作使用料が10倍になったとのこと。


それでもまだ少ないような気もしなくもないですが
今後はこの流れでいってほしいものです。

原作者がいないとそもそも映画は生まれないものなので
もっと尊重されてもいいと思います。


お金が多く絡むことはイロンナ事情があるのはもはや常識ですね。





実写映画オトナの事情(楽天ブックス)


関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。