ホーム » スポンサー広告テレビ関係 » 東京フレンドパークIIがBPOに注意された6月28日のシーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

東京フレンドパークIIがBPOに注意された6月28日のシーン

東京フレンドパークIIなどの
TBSの4番組がBPOから
内容が不適切として
審議されることになりました。


どれも政治に関することです。


2つは長野のローカル報道番組で、
比例代表の投票方式の解説の際、
県内候補のみを取り上げていたこと、


1つは投票日に候補者の
原田大二郎が旅する番組を
再放送していた
こと。


そして東京フレンドパークIIでは、
6月28日の放送が問題に。



その時のゲストはモト冬樹、ピーター、
川合俊一、高橋みゆき。


正解以外の言葉を消していく
クイズ「三択SAMURAI」に
目がつけられてたようです。


「蓮舫議員の所属政党を残せ」
という問題がだされ、
高橋みゆきが間違えると
司会の渡辺正行が、


民主党を残せばよかったの
と発言したり、

ピーターがピンクレディーの
UFOにあわせてレンホー!
連呼したという場面があり、


配慮に欠けると判断されたようです。
参院選が24日に公示されたので、
タイミングが悪かったのです。

動画は探すとあるかもしれない。



BPOの過去の審議をみると、
倫理上まずい番組やコーナーは
打ち切られたこともあります。

どういった判断がなされるのでしょう。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100910-00000646-san-soci
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。