ホーム » スポンサー広告女性歌手 » 鬼束ちひろの独特な性格がDV被害の原因

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

鬼束ちひろの独特な性格がDV被害の原因

鬼束ちひろさんが知人男性から
暴行(DV)を受けて全治1ヶ月の
重症を負った事件があります。


その男、古宮裕輔容疑者は
住所不定無職の39歳。
そのような人が人気アーティストの
自宅に上がりこむまで親密になります。


しかも出会って2週間だといいます。


ふつうなら考えにくい出来事ですが、
それは彼女自身に問題がありそうです。



鬼束ちひろは「月光」などのヒット作を
生み出して順調でしたが、
03年に声帯結節を患ってから
精神的に不安定になったといいます。


活動を休止して手術で復活は
したものの、事務所遺跡騒動が起き、
再び活動休止状態に。


その期間中に大量服薬で自殺未遂をはかり、
体重が36キロまでおちて、
さらにストーカーが自宅に花束をもって
おしかけるなどの過去があったそうです。



また、復帰して1年たった08年には、

畳の目を数えてました

限界の向こう側に行った。

畳というものを使ってね


と謎の発言を繰り返し、
美人なのにキャラが残念すぎる
とファンから言われる始末。


ミュージックステーションでは
ハムスターを熱射病と寒さで
死なせてしまったり、
メダカが水槽の掃除をするたび
流れてしまった
と発言し、


批判を受けることもありました。



関係者も独特のキャラをもってるので
今回の暴行事件もそこまで
驚かれていないといいますが。



ちなみに鬼束ちひろはいわゆるダメンズを
好きになってしまうような性格らしく、
それが今回の事件に繋がったようです。


性格は変わらないので
今後が心配でなりません。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100918-00000047-sph-ent
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。