ホーム » スポンサー広告国内 » 押尾学の母親は常識人だが父親はいろんな意味でやり手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

押尾学の母親は常識人だが父親はいろんな意味でやり手

押尾学は実刑判決が下されてから
拘置所暮らしが続いています。


でもそこの生活はこたえるらしく、
保釈申請をだしたようです。
ちなみに保釈金は
1000万ほどになるとのこと。


弁護士には広いところで走りたい、
日本で芸能活動を再開するのは無理

とぼやいてるようです。


あと拘置所のオレの様子を
どんどん伝えてもらっていい

とも話しています。


日本でってことは今後
海外に行くかもしれない
のでしょうか・・・



そして押尾の母が判決後
初めて接見しました。


混んでいたので10分ほどしか
はなせなかったそうで。


そして押尾ママは野嶋弁護士に、

息子はアメリカ暮らしが長く
法律のことがわからないようなので
よく教えてあげてほしい


と頼んだという。


これは息子をかばう
母親の一面でしょうか。


法律は自国民ですら
わかってない人が
ほとんどですから・・・



ちなみに母親はふつうに
パートをしている常識人
らしいですが、


父親はロサンゼルスでコックを
やっていて、帝国ホテルかどこかの
マネージャーをやっていた人物。


しかし帰国後借金を多く抱え、
女好きでかなり破天荒な人生
送っていた?とのこと。


父親の血を色濃く受け継いで
しまったのでしょうか。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。