ホーム » スポンサー広告テクノロジー » ウォークマンがiPodの売上を抜いた二つの理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ウォークマンがiPodの売上を抜いた二つの理由

ソニーのウォークマンが
アップルのiPodの売上を
抜いたことで話題になってます。


長いことアイポッドは売上トップ
でしたが今年の8月の国内売上で
ついに追い越したそうです。



新製品のEシリーズの注文数が
生産見込みを大きく上回って
発売延期にするほど。



なぜここまで人気がでたのかというと、
音質と価格に秘密がありそうです。



ウォークマン支持派によると、
音質はアイポッドよりいいそうで、
比較してもやはり違うとの声があります。


音のキレがよい、

複数の音が重なっても
それぞれの細部が聞こえやすい


という特徴があるそうです。


そして音より重要と思われるのが価格。


BCNランキングの1万円以下の
商品ではトップ5がみなウォークマン。



1万5000円未満のランクでも
トップ2にはいっています。



この不況下では品質がよくて
安いものが好まれるので
かなり強いところといえます。


さらにソニーは08年頃から
中高年もターゲットにしたようなので
それも関係してそうです。



一番人気のアイポッドタッチは
たしかにウォークマンと比べて
高いですね。


でも機能面がどんどん進化してるので、
この状況がいつまで続くかはわからない、


と思っていたら、
アイポッドタッチ
もう逆転する動きが
出始めているようです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101002-00000002-jct-sci
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。