ホーム » スポンサー広告海外 » 南アフリカでも中国人悪態マナーは健在

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

南アフリカでも中国人悪態マナーは健在

中国人のマナーの悪さはすでに
世界中で有名ですが、
さらに嫌な話題がのぼってきました。



南アフリカのケープタウンで
人気の中華レストランがあったのですが、
中国人観光客が押し寄せるようになります。


そこでの行いはひどいもので、
窓から煙草を投げたり、大声で騒いだり
酔っ払って裸になり写真を撮る
、など・・・



それでまわりのレストランの客も減ったため、
管理組合がテナント料を上げて
中華レストランが出て行くよう仕向ける事態に。




タンを吐いたりゴミのポイ捨てをしたり
外国人の目には全くよく写ってません。
犬肉、猿肉、人肉も食べるなど
いろいろ驚きな習慣も評判をさげています。


あと一般人だけではなく、
中国地方政府の視察団の立場の
人のちょっとアレなエピソードも。


カジノ街で知られるサンシティで
働く人によると、その視察団と
接待したそうですが、


その中の中年の女性幹部が
シャンデリアをにらみつけたあと部下に
「これが7つ星ホテルか?あ?こんなもんか?」
と怒鳴りつけていたというのです。



周囲の客もスタッフもみんな驚いたという。
その時接待した人も大恥をかいたと、
そのおばさんにとてもムカついたとのこと。
(カジノ街ってのもちょっと気になる)


本当に中国人の変な話題は尽きないですね。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101003-00000014-rcdc-cn
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。