ホーム » スポンサー広告戦争映画 » 竹野内豊主演映画の過酷な撮影に驚き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

竹野内豊主演映画の過酷な撮影に驚き

竹野内豊が3年ぶりに映画の主演を務める
「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」の
製作報告会見が行われました。


彼が演じるのは大場栄という
実在した陸軍の大尉で、

太平洋戦争の激戦地であるサイパン島で
45000人のアメリカ軍を
たった47人で翻弄したすごい人物です。


「300<スリーハンドレッド>」を思わせる話題です。


その撮影を竹野内豊は猛暑との戦いだったと
コメントしています。


タイでの撮影では想像を絶する過酷さで、
一度にペットボトル10本分を
飲み干したこともあったそうです。


それでもトイレにいくことはなく、
すべて汗で出ていたというから驚きです。




共演した井上真央と山田孝之は、

日に日にやせていくのが大変心配でした。

本当にかわいそうで心配しておりました。


とコメントしており、
そうとうな激ヤセぶりだったことを
うかがわせます。



撮影でも過酷なのに、
当時の兵士はどれだけきつかったのか、
いろんな意味で気になる映画です。


ちなみに作中のバイオリンは
宮本エミリさんが弾いています。


全国公開は2011年2月11日の予定。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Trackback from タン・ウェイ 超お宝濡れ場動画 2010-11-10 Wed 12:30:46

【動画】タン・ウェイの激しすぎるアエギ声ww&腰振り ※youtube動画(゚ω^* )♪

美男、美女・・スパイ物・・さらにはその二人が敵対関係にある・・ などと使い古されたような、ピースを当てはめただけのように見えますが、実はこの話そんなに簡単な話じゃないんです。 愛情というより... (more…)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。