ホーム » スポンサー広告ぶっちゃけ » 漫画家の倉田真由美が夫の無知さを暴露

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

漫画家の倉田真由美が夫の無知さを暴露

スタジオジブリの名作である
「天空の城ラピュタ」と
「ホーホケキョ となりの山田くん」が
ブルーレイディスクになりました。


その発売記念イベントが行われ、
漫画家の倉田真由美と
夫で映画プロデューサーの
叶井俊太郎が登場します。



倉田さんはとなりの山田くんの宣伝コピー
「最初からあきらめてるのが、家族。」について、

親は自分を選べず自分も親を選べないので
ある程度の諦めは必要かも。

でも恋人は選べる存在なので
この人にたどり着いたのも
諦めたくなかったから、

と熱々ぶり?を語ってくれました。



しかしおもしろいのはこのあと。


夫への不満を質問されると
次々と暴露しだします。


叶井氏はとにかく物をしらないそうで、
与党と野党のことを党名だと思っており、
最近まで選挙にもいったことがなかった
、と(笑)


そして叶井氏が子供手当てを勝手に使って
けんかになったことも暴露。


さすがだめんずウォーカーの
作者って感じですね(笑)


それにしてもいろんな人がいます。
いままで映画のことしか
考えていなかったのでしょうか。


でも倉田さんはこの無知さが面白い
といっているのでうまくやってるようです。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。