ホーム » スポンサー広告海外 » レズ&ゲイ雑誌「OUT」が今年のキーパーソン100人を発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

レズ&ゲイ雑誌「OUT」が今年のキーパーソン100人を発表

アメリカのレズビアン&ゲイ雑誌「OUT」に
今年のキーパーソン100人という
OUT100を発表しました。


それはいろいろな部門に別れていて、
様々な分野の有名人が表彰される形に
なっています。


ディーバ・オブ・ザ・イヤーに、
フィギュアスケーターのジョニー・ウィアー


アーティスト・オブ・ザ・イヤーに、
トム・フォード監督作「シングルマン」と、

「The Kids Are All Right」に
出演したジュリアン・ムーア
(レズビアンの母親役として出演)


映画&テレビ界では、

ジョン・キャメロン・ミッチェル監督

(「ラビット・ホール」(12月新作映画)が
高く評価されたようです。)


アピチャッポン・ウィーラセタクン監督

カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した
「ブンミおじさんの森」の監督さんです。


クリス・コルファー

人気シリーズの「glee」で
ゲイの少年役を務めています。


リッチ・ロス会長

「グレイズ・アナトミー」のジョージ役、
T・R・ナイト、米ウォルト・ディズニー・スタジオ
の会長を務めている人物。


そしてもっとも名誉がありそうな?
エンターテイナー・オブ・ザ・イヤーには

リッキー・マーティン
(プエルトリコ出身の人気シンガー)



今年3月に同性愛者であることを
カミングアウトした彼は、
長い間ゲイであることを隠すという
重荷から開放した勇気を称えられたそうです。



雑誌が雑誌だけに同性愛関連の
受賞が目立っていますね。


いまだにその人たちへの
差別はあるようなので、
評価されることはいろんな意味で
いいことだと思います。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。