ホーム » スポンサー広告B級映画 » 女子高生ロボット戦争にZ級映画と酷評が

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

女子高生ロボット戦争にZ級映画と酷評が

B級ならぬZ級という
ひどいいわれようの映画は
けっこうあるものです。


今回目に付いたのは
「女子高生ロボット戦争」


ジャケットとタイトルからして
女子高生が操るか、狙われるなどして
巨大ロボが街中で暴れまわる
という感じを連想しますが、



実際はそのようなシーンは
まったくありません(笑)




オタク女子高生の主人公と
スポーツ万能女子高生との
痴話喧嘩が中心という・・・。


クラスのマドンナといわれる
主人公はどう見ても老けており、
二人の喧嘩の発端となっている
イケメン男子転校生も
ジミー大西に似ているという。


巨大ロボットは出るには出るものの、
出現時間が5秒ほどしかありません(笑)。
どうやら予算が関係してるようで。


たしかにお金がないと
厳しいところがありますが、
パラノーマル・アクティビティは
超低予算で大ヒットを記録したので、

成功も不可能ではないですね。


でも今回の映画は
タイトルで戦争とついているのに
そんなシーンは全くなく、
しかも恋愛ドラマもお粗末な作りと
酷評をいただいているのでかなり厳しい・・・




女子高生ロボット戦争
(楽天市場)
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。