ホーム » スポンサー広告女優 » リンジーローハンが映画を降板させられた理由は保険料

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

リンジーローハンが映画を降板させられた理由は保険料

リンジー・ローハンが映画出演を
断られていたことがわかりました。


インフェルノのマシュー・ワイルダー監督は
以前は主役を演じるのは彼女しかいないと
絶賛していましたが、オファーを撤回。


薬のリハビリ施設に入っても待つと
いっていたほどなのですが、
理由は保険が高すぎることにあるといいます。


映画などの撮影は転向、設備故障、
事故等を想定して金銭的なロスを抑えるため
保険がかけられるそうですが、

リスクの高い内容や危険な撮影、
評判を落とす可能性がある俳優の起用、
などの状況だと保険料は高くなるとのこと。


リンジーはまさにトラブルメーカー的な存在なので
おそらく保険料は安くなかったでしょう。

あとは監督が保険会社に支払いを
拒否したかのどちらかかと。



薬物依存から立ち直ろうとしてるのに
依存症の役を演じるのはおかしい

という思惑もありそうですが、

やはりリスクが高すぎるのでしょう。



ちなみに彼女は超B級映画といわれる
マチェーテに出演しています。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。