ホーム » スポンサー広告映画の話題 » 台湾の話題作「モンガに散る」の日本公開決定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

台湾の話題作「モンガに散る」の日本公開決定

台湾は映画製作がそこまで
盛んじゃないようですが、
「海角七号 / 君想う、国境の南」
の大ヒットをきっかけに
製作数が伸びています。


そして台湾の衝撃作といわれる
「モンガに散る」の日本公開が
決まったようです。


その映画の舞台は
1986年・台北のモンガ。

モンガは台湾最大の歓楽街ですが
黒社会の抗争が絶えない街として有名。


そこで不良少年が青春を謳歌しているが、
新興勢力が街に乗り出してきて
運命が狂いだす、という内容。


イーサン・ルアンやマーク・チャオなど
人気俳優がでるとあってかなり注目されてます。

あと本物のヤクザが700人もでていて、
街中で乱闘するシーンもあるので
なにかと注目されているというわけです。
(全員が友情主演だそうで。)
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。