ホーム » スポンサー広告エンターテインメント » 東京都はほとんど無議論で18禁条例を通す姿勢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

東京都はほとんど無議論で18禁条例を通す姿勢

東京都の健全育成条例の改正案で
批判が殺到しています。

肯定的な評価は得られるはずがない、
ここまでいわれています。


それは過去にでた漫画やアニメなどの
作品にも18禁の対象になりうるといいます。


社会規範に反するものは徹底的に
規制しようというのです。



未成年の過激描写や
近親的、同性愛的なものなどは
不健全図書とくくられるかもしれません。


ただ「僕は妹に恋をする」といった
あからさまにわかるものもあれば、

ゴルゴ13のように作中で
都がいう社会的にふさわしくない描写が
含まれているものも18禁の対象にできる、
という可能性もはらんでおり、


連載中なら新たな基準で発売することになり、
下手をすれば発禁もありえるということで
反発が大きくなってると思われます。



写真集もなにやら面倒なことに
なるかもしれません。


たしかにゲームなどもそうですが、
ちょっと過激な内容のものも
すごくたくさんでているので、

それに影響されるという不安も
考えられなくはないですが、


東京都は今回の案を
市民にも議員にも公開を避けて
ほとんど議論しないまま通そうと
しているらしいです。



それもまたどうなのかな、と思いますが。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101122-00000050-impress-inet
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。