ホーム » スポンサー広告セクシー » 玉割り人など牧口雄二の衝撃作を一挙公開

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

玉割り人など牧口雄二の衝撃作を一挙公開

70年代にエログロ路線という
カルト的な映画で人気だった
牧口雄二監督の作品群が
上映されることになりました。


彼の作品は表舞台には
おそらくほとんどでないものですが
それゆえ話題性はあります。


デビュー作の「玉割り人ゆき」は
性のテクニックを伝授する玉割り人のゆきが、
遊郭を舞台に女を捨てた孤高の姿を描きます。


その続編「玉割り人ゆき 西の廓夕月楼」は
性技訓練シーンやSMシーンなど
見所がかなりあります。



「五月みどりのかまきり夫人の告白」という作品では
男アサリを繰り返す美しき魔性の熟女の官能世界を描き、

「徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑」はサディスティックな
長崎奉行が逃避行する男女に拷問するなど、


かなり衝撃的な作品ばかりです。


賛否両論が起こりそうな感じですが、
海外で高く評価されているそうです。


エロ・グロ・純情/東映カルトプリンス 牧口雄二の世界
11月27日~11年2月4日までラピュタ阿佐ヶ谷にて開催。

12月26日から1月6日までは休映です。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。