ホーム » スポンサー広告スポーツ » セリーグがパリーグより弱いのは守備力のなさが原因

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

セリーグがパリーグより弱いのは守備力のなさが原因

ゴールデングラブ賞の授賞式が
行われましたが、セパで実力差が
浮き彫りになったといいます。


プロ野球界では、

一流打者でも3割しか打てない攻撃は
あてにならないから勝つためには
投手力とディフェンスが勝負


という定説があるようです。


しかしリーグ優勝した中日、
そして巨人から受賞者は0。


他のセ・リーグ球団からは
何人かでていますが、
一塁手はいなかったそうです。



それに比べてパ・リーグは
全球団から受賞者がでています。




こう聞くと単純にパのほうが
守備力がある感じがしますね。

リーグ3位だったロッテに
中日が負けたのは当然といえる

という声まで出ています。



セ・リーグがパ・リーグに近づけるのは
再来年のシーズンからといわれています。


その理由はポスティングシステム(入札制度)で
ロッテの西岡がツインズ入り、

楽天の岩隈がアスレチックス入り、

ダルビッシュも離婚問題が終われば
来年のオフには海外へ、

そしてソフトバンクの和田、川崎も
海外FAでメジャー入りをするといわれ、
だいぶ戦力は落ちるだろうとのこと。



しかしパ・リーグのOBは、
スターがいなくなっても
後継は次々でてくるから大丈夫。
(日ハムの斎藤祐樹など)

と余裕を見せています。


来年の日本一チームもそうですが
ゴールデングラブ賞も気になりますね。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。