ホーム » スポンサー広告女優 » 3人の女優が話題になったのは絶頂期にヌードになったから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

3人の女優が話題になったのは絶頂期にヌードになったから

一般的にヌードになるタレントは
人気の絶頂期が過ぎたから最後の作戦と、
とらえられる傾向があるようです。

たしかに最近はそういう人が多いので
話題性を作ろうと必死なのかもしれない。



しかし絶頂期に脱いだほうが
結果的に話題が持続している気がします。



伝説と言われるのは宮沢りえ。

アカデミー賞をとり、
歌手デビューをしてすぐ紅白にでる、
など絶頂期だった頃に「SantaFe」を出します。


当時まだ17歳だったこともあってか、
150万部以上売れ、社会現象になったほど。



そして菅野美穂の「NUDITY」も
大いに話題になりました。

97年に20歳となった記念にだしたもので、
当時水着ですらめずらしかったので
マスコミも大慌てだったそうです。


彼女はいまでも売れっ子なので
また出したらそれなりに話題になりそうです。



あと映画で豪快に脱いで話題になったのが
第8代リハウスガールでデビューした池脇千鶴。


NHKの連続テレビ小説でヒロインを演じ、
その勢いのまま「ジョゼと虎と魚たち」で
妻夫木聡と激しいベッドシーンを披露。

(それで第18回高崎映画祭最優秀主演女優賞を獲得)



やはり注目されてるときだからこそ
そのように賞をとれる、
というのもありそうです。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。