ホーム » スポンサー広告セクシー » ヌードの夜でカットされた過激シーン19分が公開へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ヌードの夜でカットされた過激シーン19分が公開へ

竹中直人と佐藤寛子の
塗ればシーンが話題となった
ヌードの夜の完全版が
発売されることになりました。


ヌードの夜は、

なんでも代行屋を演じる紅次郎(竹中直人)が
れん(佐藤寛子)から命の恩人である
多絵という女性を探してほしいと依頼される。

その女性の足取りを探っていくと、
不幸な生い立ちから風俗まで堕ちた
悲しい人生があることがわかります。

やがてれんと多絵の驚きの事実もわかり、
彼女を救いたいと思った紅次郎は
後戻りできない愛憎劇へ・・・

というあらすじです。



そして今回発表になった
ディレクターズカット完全版では、

公開版ではあまりにも過激なため
カットされてしまった19分のシーンを
追加したものになっています。



それは殺人事件に引き込まれる
きっかけとなった重要なラブシーンや、
れんの悲しい人生を投影する洞窟シーンなど




ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う ディレクターズ・カット ブルーレイ完全版

楽天市場より。


佐藤寛子がフルヌードになったことで
話題になった本作ですが、
カットした部分はどのくらい過激なのか、
いろんな意味で気になる内容です。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101206-00000007-mvwalk-movi
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。