ホーム » スポンサー広告芸能 » 海老蔵の会見にやはり批判 謝罪というより反論の場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

海老蔵の会見にやはり批判 謝罪というより反論の場

市川海老蔵が1時間半にも渡って
謝罪会見を行いましたが、
やはり批判がでています。


普段のゴウマンなキャラは封印し、
とても丁寧な口調ではありましたが、

事件に関する肝心な部分は
全て捜査中でお答えできない、

記憶にありません、
とごまかすだけで

反省ぶりをアピールしたかっただけの
中身のない会見でした。


と記者の一人はいいます。



たしかに目撃者の証言や、

暴行にかかわった人の証言
(灰皿にテキーラ、水をかけられた、
海老蔵から2,3発殴られた、
髪をつかまれたなど)

明らかに食い違っていて
単なる反論会見のような
感じになっていました。



おそらく病院の打ち合わせのとき
弁護士に下手なことはいうな
と言われたんだと思いますが。



ちなみに入院中にもかかわらず
いきなり会見を開いた理由は、

自信のネガティブな報道を
封じ込める狙いがあった

いわれてますが、


これではさらに何かしら
いわれそうな気がするんですが・・・。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101209-00000031-sanspo-ent
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。