ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » 武富士元会長の仰天エピソード ソープに行け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

武富士元会長の仰天エピソード ソープに行け

大手貸金業者の武富士は
過払い金返金問題で
4000億円以上の負債を抱え
大ピンチとなっています。


まあそれも自業自得のような気がします。
06年に亡くなった武井保雄元会長の
驚きのエピソードから、

お金儲けのことばかり
考えていたことがわかります。




元幹部の証言によると武井元会長は、


社員を信用するな。外の者も信用するな、が口癖。


電気を消せは当たり前でコピー機は
奇数階だけに置く。それで必然的にコピーは減る。


これはまあエコになるのでいいことですが、
問題はここから。


とにかく金の事しか考えない。
金貸しですからね。そのトップですからね。

頭にあるのは金と女の事。


賃貸残高を増やして確実な収益を目指す。

女の部屋に入り浸り。



そして、

会長の誕生会と新年会を兼ねた場では、
杉並区の自宅に幹部が100~150人ほど集まり、
ゲーム盤の競馬ゲームをしていたという。


そこに会長がどかんと100万円をはって
100数十人の男女にお前らも張れ、と言う。


そしてハンデを持たせてわざと勝たせてくれる。


勝った人には、

いまならもうソープ開いてるだろ。
その金でお前ら行ってこい


と言っていたという。


なんとも贅沢で怪しい雰囲気漂うエピソードです。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。