ホーム » スポンサー広告ポリスアクション映画 » キック・アスのクロエ・モレッツの過激シーンに注目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

キック・アスのクロエ・モレッツの過激シーンに注目

全米初登場1位を記録した
ヒーロー映画「キック・アス」は
ブラッドピットがプロデューサーを
務めて話題になりました。


あらすじはコミックオタクで
スーパーヒーローに憧れる
高校生がネットで買った
スーツとマスクを着て活動する、

というもの。
(日本での全国公開は12月18日より。)


ヒットガールを演じた
クロエ・モレッツは、
デイヴはとても魅力的、

ふつうのアクション映画とは違う
新しいタイプの作品に
関われたことはうれしい

とコメントしてます。



ヒット・ガールとは
スーパ-ヒーローになるため
幼い頃から訓練されてきた戦闘少女。


それを演じたクロエは
過激なシーンが多いことで
ブラッドピットより話題となった
感じがします。


彼女は現在13歳ですが、
ものすごい色っぽさもあって
すごい評判です。

日本人にはまずいないだろう
といういでたちですね。




[直筆サイン入写真] クロエ・モレッツ Chloe Moretz (キック・アス)
(楽天市場より)


全米公開されたときは
まだ11歳だったのでそれも驚きです。



クロエは「ウォンテッド」で
暗殺者を演じたアンジェリーナ・ジョリーの
演技を参考にしたようです。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。