ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » 今年の芸能界の薬物汚染を振り返る 来年も大物逮捕者が?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

今年の芸能界の薬物汚染を振り返る 来年も大物逮捕者が?

何かと騒がしい芸能界ですが、
今年も薬物関係のニュースが
目立った感があります。


かつては紅白にも出場し
ミリオンセラーもたたき出した
JAYWALKのボーカル中村耕一。

年をとって疲れやすくなったから
1年ほど前から始めた
、といい

懲役2年執行猶予4年の判決がでました。


本人は反省はしてますが、
どうもその手の事件は
再犯が多いため気がかりです。



そのいい例が清水健太郎と田代まさし。



清水健太郎は83年に逮捕されてから
今年で6度目という芸能界屈指の
逮捕歴をもつ者です。
(そのうち薬物関連が5回)


11月に懲役1年10ヶ月の
実刑判決を受けますが、
本人は2年ぐらいまで下がれば
といっていたこともあり、


想像より短いことにうれしかったのか
傍聴席の内縁の妻などに
笑顔をみせたといいますから
反省が感じられずたちが悪い・・・(苦笑)



次に田代まさし。


交際していた美容師の荒井千恵子被告の
影響を受けたのか、またやってしまいます。

少しずつ芸能界の仕事に復帰してたので
いい加減更正したかなと思った矢先の出来事です。



このように再犯率がとても高いので
去年話題になった酒井法子、
そして押尾学も黄色信号といえます。



ちなみにマークされている
芸能人夫婦がいるようなので
来年も大物の逮捕ネタがでそうです。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。