ホーム » スポンサー広告驚きの事件 » 強烈な孤独感に襲われる年末年始恐怖症の実態

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

強烈な孤独感に襲われる年末年始恐怖症の実態

年末年始恐怖症というフレーズは
聞いたことがなかったですが、
実際この時期が怖いという人は
結構いるようです。


ある男性のケースでは、
両親が小さいころ離婚して
どちらも再婚してるから
両方いきづらいから

年末年始はいつも一人で過ごすから
すごい孤独感を感じるといいます。



先週まで忘年会やクリスマスで
騒いでいた仲間が急にいなくなる寂しさは
正直言ってかなりこたえるようで、

死んでしまいたい
思うこともあるという。



実際自殺に走ってしまう人は多いようです。



それは気持ちのリセットが
うまくできないことに問題がある
といいます。


日本の正月はあらゆることを
リセットするという意味合いがあるが
先の男性のような人はそれがうまくできない。


賑わいのあとのギャップで
ショックを感じると
なかなか心のたな卸しができない。



なかには家族がいるのに孤独感を感じ、
無理心中をはかるケースもあるそうです。



たしかにギャップは感じるかと思いますが
それはほんの一時的なものに過ぎません。



何か夢中になるものを満喫してると
あっという間に休みは過ぎていくと思うので
何かしないといけません。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。