ホーム » スポンサー広告インターネット » 携帯無料ゲームのカラクリに相談増加中 平均95000円

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

携帯無料ゲームのカラクリに相談増加中 平均95000円

はじめは無料ということで
手軽に始められる携帯ゲームですが、
特定のアイテムを手に入れたり
続きをしたい場合は有料、

というカラクリで
運営会社は儲けています。


それがトラブルの引き金になっています。


うっかり無料だからと
子供に遊ばせていたら
数万円の請求がきたというケースが
最近とても増えているといいます。


国民生活センターによせられた
相談件数は昨年度が555件。

今年度はいまのところ407件で、
去年の同時期と比べて106件多いとのこと。


その請求額の平均は
9万5千円というから驚きです。




小学生は全て無料だと思っていた、
親は支払い時に規制がかかる
などと、
思い込んでいる場合が多いという。


低学年の小学生の場合は
購入という字が読めず
意味も理解していないので

ボタンを押せば(無料で)使える

としか思っていないという
指摘もあるように、


どこか盲点をついた手法ともいえるので
問題のような気がします。


そして携帯電話会社は
収納代行しているだけ

サイト運営会社は
ゲームの場を貸しているだけ

ゲーム制作会社は
ゲームを作っているだけ


と、相談者がたらいまわしに
されている実態もあるといいます。


作ってるだけというのは
特にいいかげんな回答ですね・・・



ちなみにグリーはCMでの
無料という音声をとりやめてますが、
もはや有名になってしまっているので

システムを変えない限り
トラブルは一向に減らないと思います。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。