ホーム » スポンサー広告社会 » ブラック企業は不況で増える ある化粧品会社の例

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

ブラック企業は不況で増える ある化粧品会社の例

ブラック企業と呼ばれる会社が
増えているらしいですが、
それも不況のせいでしょうか。

定義があいまいなので
優良企業といわれる会社以外は
すべてブラックといえるところも
あるという意見もあります。


まあそれは少々言い過ぎかもですが、
意外に身近にブラック企業が
あるかもしれないのは確かです。


その一例に某化粧品会社があります。
そこはアパレルも手がけていて
半期に一度新製品だすようです。


まずひどいと思ったのが
売り上げ目標を達成するために
社員に自腹で商品を
購入することの強要です。


公然と1人二着は購入するように

とお達しが来るといいます。


新人研修もひどいもので、
数万円もする化粧品10セットを
販売し終わるまで
本来の仕事につかせてもらえないという。


その結果すごい差が生まれます。
中には1年間も研修期間になってしまって
飛び込みで訪問販売している人も。

そして売れない新人社員は
会社に呼ばれて先輩社員から
厳しい締め付けがあるようで・・・。


この企業の場合、
不況より社長に問題が
あるような気がします。

20年生きてきた人間が
教育でそうそう変わったりはしない。

しかし、100名もとれば
その中の一人くらいは光るヤツもいる。


と、脱落者を見込んで
多数採用していることを
平然といっていたといいます。

役員が全社員の前で
お前が顔が暗い!降格だ!
いわれるのも日常茶飯事だそうですので、

上に問題があると
下が迷惑するのは必然。

人を大切にしない人は信用されず、
必ず何かしら自分に
降りかかってくると思います。


不況といえど、
人生を無駄にしない会社の選び方(楽天ブックス)
はとても重要だと思います。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。