ホーム » スポンサー広告国内 » 遊園地の事故は全然減っていないのが現状と理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

遊園地の事故は全然減っていないのが現状と理由

東京ドームシティアトラクションズで
コースターから都内の会社員男性が
転落して死亡する事故が起きてしまいました。


4年前、大阪のエキスポランドの
ジェットコースター風神雷神IIが脱線する
事故は大々的に報じられたので
記憶に新しいところですが、

あいわからずコースターの事故は
全国的に多く発生しているようです。


大阪の事故は目で確認できる亀裂があったのに
営業を続けたとして責任者が起訴されました。


今回の事故はアルバイトの人が
安全バーを装着を確認してないことで
起きてしまいました。



これはヒューマンエラーといえそうです。


運営のマニュアルなどの検証や見直しが
行われるようなのですが、
人間が扱う以上、ミスやモラルハザードは
なくならないでしょう。

しかしそのような立場にある人は
非常に危険なものを扱っているという
認識を常にもっていないと困ります。


遊園地はすごく楽しいものですが、
そのようなニュースをきくと
いきたくなくなってしまいますね・・・。


事件・事故もニュースブログランキングで。
関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。